学生がパリで不動産を借りたい場合

今も昔も、パリという街は学生にとって憧れの街です。街全体がアートにあふれています。学問を学びに行く人も多いですが、それ以外にも絵や音楽、ダンスに料理、ヘアメイクなど、様々なアートを学びにパリに滞在する人も多いです。 そん […]

今も昔も、パリという街は学生にとって憧れの街です。
街全体がアートにあふれています。
学問を学びに行く人も多いですが、それ以外にも絵や音楽、ダンスに料理、ヘアメイクなど、様々なアートを学びにパリに滞在する人も多いです。

そんなパリで滞在する不動産を見つけるために、学生ならば、以下のようなことを優先順位として挙げておくといいでしょう。
学生の場合は、1部屋タイプの「ステュディオ」という不動産を見つけるのが一般的です。

まずは、このステュディオの予算を決めておきましょう。
パリは全般的に物価が高いので、生活費も高くつきます。
そのため、ある程度安めの予算で臨みましょう。

次は、広さです。
部屋が1部屋しかないので、せめてその部屋は広く取りたいものです。

いくら部屋が広くても、それを有効に生かせない場合があります。
それが家具です。
パリでは家具付きの不動産というのが主流です。
しかもその家具というのは、昔ながらのばかでかい洋服ダンスだったりします。
そうなると、せっかくのスペースも生かせません。

さらに、アロカシオンも重要です。
これは外国人の学生であっても、一定の条件を満たせば、フランス政府から住宅補助が受けられるというものです。
不動産によってこの対象か対象外かというのがあるのです。