畜産農家の相続

僕の家は代々畜産農家として頑張ってきました。 お父さんは若い時からいろいろと世話をしたりして畜産に関わって来たらしいのですが、僕はまだ手伝いぐらいしか経験したことがありません。 今は、会社に勤めているということも理由にあ […]

僕の家は代々畜産農家として頑張ってきました。

お父さんは若い時からいろいろと世話をしたりして畜産に関わって来たらしいのですが、僕はまだ手伝いぐらいしか経験したことがありません。

今は、会社に勤めているということも理由にあるのですが行く行くは家を継いでやっていくつもりです。

でも、最近は父親の体調が悪いです。

このまま父親が亡くなってしまったらと考えると不安で仕方ありません。

相続する前にいろいろと学ばなければいけないことが多いからです。

そのため今は家から会社に通うことにしています。

少しでも畜産に関われるようにです。

これからも今の生活を続け、会社に勤めながら畜産を頑張っていくつもりです。

いつか父親が亡くなってしまっても相続のことなどで困らないようにして行けたらと思います。

父親に負けないくらいの経営が出来ることを夢見て頑張ります。

あとは、結婚相手を探していきたいです。

わたしは代々農家であるこの家を守り続けてきました。

自分が幼いころから苦労をしたことを考え息子達にはこれといって手伝いや家の仕事をさせたことがありませんでした。

そのため長男も次男も家を出て働きに出てしまいました。

わたしは自分の代で農業が終わってしまうことを覚悟していました。

でも、最近になって長男のほうから「家で農業をしていきたい」と話してきました。

わたしは正直嬉しかったです。

まさか息子のほうからこういった話をしてきてくれるとは思っていなかったからです。

この話が出る前のわたしは相続のことやこれからのことを一人で悩んでいたため、安心しました。

わたしは長男の世代でもっと環境を良くしていこうという意気込みが出ました。

長男が相続をするころには大きな農園にしていきたいです。

わたしの夢であったイチゴ狩りやさんらんぼ狩りなども始めてみようと思います。

これからの経営が楽しみです。