お店を相続

わたしの両親は八百屋さんをしています。 近所からは野菜も新鮮で安いと評判なのです。 わたしが学校から帰るといつも同じ常連の人が買い物にきています。 わたしはこんな風に野菜を売ってお店を経営している両親が大好きです。 わた […]

わたしの両親は八百屋さんをしています。

近所からは野菜も新鮮で安いと評判なのです。

わたしが学校から帰るといつも同じ常連の人が買い物にきています。

わたしはこんな風に野菜を売ってお店を経営している両親が大好きです。

わたしでもこんなに野菜の値段を安くして大丈夫なのかと思うくらいサービスも良いです。

わたしもこのお店で働いていくつもりです。

わたしの家族には子供がわたし以外にはいないため、少し前からそう考えるようになりました。

もし、わたしがこのお店を守らなければ父の代でお店がなくなってしまいます。

わたしはそのことが嫌なのです。

しっかりとお店を相続して経営をしていくつもりです。

もちろん相続した後もお店をやっていくには甘くないこともわかっています。

だからこそ、他のお店ではどういった商品が売れているのかうちのお店はなんの売上げが良いのかを調べています。

このことを活かすつもりです。

僕は東京で会社員として働いています。

うちの実家の両親は農園を経営していていつも元気にやっています。

僕は家の仕事を手伝うために連休の日には実家に帰っています。

すると最近父親から「お前この農園を継ぐ気があるのか?」と聞かれました。

今まで僕はそういったことを考えたことがなかったためびっくりしました。

でも良く考えれば子供は僕しかいなしし、父や母がこんなに頑張って大きくした農園をその後誰が守っていくのは僕しかいないのではないかと思うようになりました。

でも、ただこの土地を相続しえも意味がありません。

自分にはまだ農業に対するスキルがないのです。

僕は父の話を聞いてから農業に関する本を空いた時間に見るようになりました。

これで少しでも農業を理解し、もし相続しても困らないような体制を立てて行きたいと思います。

いつか僕が農園を経営するようになった時にはうちのオリジナルのブランドをつくりたいです。