相続をしたら

僕は今年でもう30歳になります。 今までは遊びに夢中で家のことや周りの意見などもあまり聞かずに生きてきたのですが、最近になってこれからのことを良く考えるようになりました。 僕のうちでは居酒屋をやっているのですが、僕も最終 […]

僕は今年でもう30歳になります。

今までは遊びに夢中で家のことや周りの意見などもあまり聞かずに生きてきたのですが、最近になってこれからのことを良く考えるようになりました。

僕のうちでは居酒屋をやっているのですが、僕も最終的にはそのお店を相続するつもりでいます。

でも、僕は調理免許やお酒にも詳しくないのであまりお店を手伝えずにいました。

しかし、今ではもう両親も歳をとってきました。

いつなにが起こってもおかしくありません。

そこで僕はお店を相続しても困らないようにと調理免許を取ることを目標にしたのです。

それを聞いた両親はすごく嬉しそうでした。

僕は両親の期待に答えられるように勉強と料理に励んでいます。

もし、調理免許を取ったら自分でお店にはないメニューを考えるつもりです。

今では毎日が充実しています。

はやく自分の料理をおいしそうに食べてくれるお客さんの顔が見たくて仕方ありません。

わたしはお母さんと二人暮らしをしています。

父は3年前に病気で亡くなってしまったのです。

それからというものわたしはお母さんと一緒にこの家を守ってきました。

父親がいたころにはあんまり家のことを考えたことがなかったのですが、今では自分の家がすごく好きになりわたしが守っていこうという気持ちが強くなりました。

そのため結婚しても彼には婿になってくれるようにと話しています。

彼は快くそれを受け入れてくれました。

今では休みの日によく三人で食事に行ったりしています。

お母さんも彼のことを気に入ってくれたみたいです。

彼がこの家を相続しても困らないようにわたしはしっかりサポートしていくつもりです。

やっぱり相続するとなると新たな問題やトラブルが起きることも考えられますから。

そんなことがないように支払いなど家のことはわたしが引き受けています。

彼にはそういった問題で迷惑をかけたくありません。