医療法人として医院開業するメリットについて

これから、医療法人として医院開業をする人によって、実際に開業すると、どのようなメリットがあるのかが、気になる部分ですよね。と、いうことでその答えを書くと、まずは個人財産と法人経営が分離されるようになります。つまり、家計と […]

これから、医療法人として医院開業をする人によって、実際に
開業すると、どのようなメリットがあるのかが、気になる
部分ですよね。
と、いうことでその答えを書くと、まずは
個人財産と法人経営が分離されるようになります。
つまり、
家計と経営の分離が出来ますので、資金繰り計画が立てやすくなる
と言うわけです。
さらに、法人税率は40パーセントになるので、個人でする場合の
最高税50パーセントから開放される事になるのです。
さらに、
お金の面ではまだメリットがあり、所得を分散することで、個々人の
所得税と住民税の税率が下がり、それによって、結果的に理事長家族全体の
所得が増えることになります。
それだけでなく、基本的に法人の場合は、
医院で実際に労働をしていない家族にも、役員報酬を支給することが税務的に
容易になるので、所得の分散が個人経営より、効果的に出来るようになると
言うわけです。
交際費や車両関係費に対する税務調査が緩和されたり、繰越損金の繰越が
7年間認められるなど、メリットは他にも沢山あります。